薬剤師さんの訪問サービスについて、もっと詳しく聞いてみた

みなさんは、薬剤師さんが自宅や施設まで、医師が処方したお薬を届けてくれるサービスをご存知ですか?
もしかして、訪問薬剤師さんは、薬をデリバリーしてくれる”だけ”人だと思っている人はいませんか?

とんでもない。訪問薬剤師さんのお仕事は、みなさんの安全を守ったり、みなさんのニーズに答えたり、それを医師に伝えたりなど、医師とみなさんをつなぐ架け橋の仕事もしています。

今回は、訪問薬剤師さんのお仕事について数名の薬剤師さんと、MiG(エムアイジー)企画の進士さんにお話をお伺いします。
*この記事に記載されます、サービス内容については、薬局により提供可能なサービスや料金が多少異なることがあります。ご確認の上、ご利用ください。


  1. 縁の下どころじゃない!?薬剤師さんのお仕事
  2. 薬剤師訪問サービスは、どんな人が利用できるの?
  3. どんなときに訪問してくれるの?
  4. 薬剤師訪問サービスの利用料​
  5. 最後に

1. 縁の下どころじゃない!?薬剤師さんのお仕事

まずは、一般的な薬剤師さんのお仕事についてです。
*薬局により提供可能なサービスが多少異なりますので、ご利用の際は直接ご確認ください。


1. 患者様へのお薬の説明

医師からの説明だけでは、十分に薬の内容を理解できなかった経験がある人も多いと思います。
薬剤師は、患者様自身がお薬のことを理解・納得し、安心して正しく服用・使用できるよう説明します。
また、お薬を湿気・日光・高温から守るよう管理方法についてもご説明します。


2. お薬手帳への記載・他のお薬との飲みあわせの確認

お薬の記録を付けることで、他の医療機関から同じ薬が処方されることを防止します。
普段召し上がっている食品や健康食品と薬の相性も調べます。


3. 医師との連携

患者様に合った薬の使い方、副作用予防のアドバイスを行い必要に応じて医師に提案します。
患者様が服薬に時間がかかったり、飲みづらいなどの要望を医師に伝え、必要に応じてお薬の変更を依頼したり飲みやすく加工したりします。


4. 飲み忘れの防止

朝・昼・夕ごとに飲む薬をまとめたり(『一包化』と、いいます)、お薬カレンダーを利用したりして飲み忘れがなくなるように工夫します。


5. 残薬整理・不要になったお薬の回収

予備にと思ってもらっていて、いつのまにか、タンスの引き出しに増えてしまったお薬の回収や、お薬の残りを数えて、次回の医師からの処方時にどれくらいのお薬が必要かを計算します。


6. 主治医や訪問看護師、ケアマネージャーなどの多職種と患者様の情報を共有する

患者様の健康状態やご本人、そのご家族の要望などを、多職種と共有し治療方針やケアプランの策定等時に役立て、更なる支援につなげます。


これらのサービスはは、訪問にかぎらず、一般的なかかりつけ薬局の薬剤師の仕事です。
当然、訪問薬剤師は、これらを患者様のご自宅まで訪問し、行なっています。


縁の下どころじゃない!?薬剤師さんのお仕事

2. 薬剤師訪問サービスは、どんな人が利用できるの?

お家や施設などの『在宅』で療養し、通院が困難な方が対象となります。
原則、医師の指示が必要ですので、主治医へご相談ください。​​
薬剤師やケアマネージャーに相談された場合は、両者から医師に問い合わせをします。​​
医師が薬剤師による訪問が必要と判断した場合、医師は薬剤師に訪問指示を出します。​​
訪問指示があれば、薬剤師の訪問サービスを受けることができます。​
また、外来通院できるひとでも、薬の配達をお願いすることが可能です。



3. どんな時に訪問してくれるの?​

主治医の処方箋にもとづき、お薬をご自宅、あるいは施設へ配達する時に訪問します。
しかし、主治医からの処方箋が無い場合でも、医師からの指示により体調確認等のために訪問する場合があります。

​​

4. 薬剤師訪問サービスの利用料​

使用する保険(医療保険or介護保険)や、お住まいなどにより、異なりますのでお問い合わせください。
例えば、、


  • 住まいが自宅で、サービス対象の方がお一人で、1割負担の医療保険を用いる場合には650円となります。
  • 住まいがサービス付き高齢者向け住宅で、サービス対象の方がお一人で、1割負担の介護保険を用いる場合は507円になります。(介護保険の支給限度額の対象とはなりません)
  • ​​

*介護保険や医療保険制度の改定などにより、料金は変更になります。



5. 最後に

調剤薬局は
利用者・介護者様から、お薬のご相談があった時には、積極的に対応することが大切です。

そのためにも、普段から利用者様、介護者やケアマネージャー、訪問看護師・主治医等と関係を構築しておくことが大切かと思います。(特に、最近ではケアマネージャーと薬剤師が話をする機会が少なく、『お互いの役割分担などについて、話をしたい』という声がケアマネージャーさんから多く聞かれます。)

また、薬局が在宅訪問を行っている旨の案内文章などを作成し、近隣住民など、地域にお知らせしておくことも必要です。しかし、これらのことは、薬局によってバラツキがあるのが現状です。​​​

エムアイジー企画では、
介護施設様へ、提携している調剤薬局(在宅訪問サービスが可能)をご案内・ご紹介しております。
対応可能なサービスや、料金などについてのご相談も受け付けています。
他にも、薬局・薬剤師が介護施設のイベント(*1)などに参加させていただき、薬局・薬剤師が情報提供を行うことで、介護施設と薬局の連携を強化するお手伝いをしております。

(*1)介護施設でのイベントの例
● 介護施設の周辺住民の方への健康相談会の実施(納涼祭などへの参加)
● 介護施設利用者様からの質疑応答・服薬相談
● 施設スタッフを対象とした薬剤に関する勉強会の実施


エムアイジー企画 代表 進士治彦
ご質問・お問い合わせなどございましたら、エムアイジー企画までご連絡ください。
TEL 080-3537-1155

富山県の在宅可能薬局については、下記URLより確認してください
https://www.tomiyaku.or.jp/?tid=100007
引用URL 公益社団法人 富山県薬剤師会 HPより


関連記事

  1. kakato

    足元からの健康を考える!靴のはきかた、選び方。(外反母趾・タコ・ウオノメ・扁平足予防)

  2. stoma eye

    ストーマについて、もっとくわしく聞いてみた

  3. kosmos

    相続・遺言について教えてください!

  4. 花スタジオ花詩織りがプロデュースする感動物語!

    花スタジオ花詩織りがプロデュースする感動物語!

  5. toyamaru

    あなたの大切な人に、特別な日をプロデュースします!!

  6. 音楽療法について、前から聞いてみたかっとことを突っ込んで聞いてみた。

    音楽療法について、前から聞いてみたかっとことを突っ込んで聞いてみた

最近の特集

とやまるっとでは「LINE@」で最新のお役立ち情報をお届けしています。
ぜひ「友だち追加」をしてください!

LINE@ 友だち追加