【道路交通法改正】超車社会の富山県民なら知っておくべき!!高齢ドライバーの免許更新はこうなる

『とやまるっと』編集室です。

2022年5月13日より道路交通法が改正され、高齢ドライバーに対する免許更新方法の変更や限定条件付免許が導入されます。

参考サイト:https://clicccar.com/2022/04/13/1177023/
  1. 75歳以上の高齢ドライバーに対する運転技能検査制度
  2. サポカー限定免許について


1. 75歳以上の高齢ドライバーに対する運転技能検査制度


75歳上の高齢ドライバーに対して「一定の違反歴のある人」が免許証の更新時に運転技能検査などを受検することになります。

一定の違反歴について

1 信号無視
2 通行区分違反
3 通行帯違反等
4 速度超過
5 横断等禁止違反
6 踏切不停止等。遮断踏切立入り
7 交差点右左折方法違反等
8 交差点安全進行義務違反等
9 横断歩行者等妨害等
10 安全運転義務違反
11 携帯電話使用等


特に9の「横断歩行者妨害等」については、 富山県は全国的に違反の多い県と言われています。

信号のない横断歩道で歩行者が渡ろうとしている時に、自動車が横断歩道の前で停止しない場合に、違反となります。

また、近年では11の「携帯電話使用等」についても規制が強化されており、高齢者でもガラケーを平気で通話しながら運転している状況が見られます。

今回の改訂では、 認知面や運動器面など高齢者特有の問題事象のあるなしに関わらず、上記の違反行為が、運転免許証の有効期間が満了する日の直前の誕生日の160日前の日の前3年間において上記違反行為をした場合に運転免許証更新時に運転技能検査などを受検するという内容です。(一部除外項目があります)

これまで、「認知面に問題がある」という事実を本人に伝えにくかった面もありましたが、上記であれば、認知面に関係なく必要な試験を受けてもらうことができるため、その点では評価できる改訂ではないかと思います。



2. サポカー限定免許について


今回の改定によるサポカー(安全運転サポート車)の定義は、

・衝突被害軽減ブレーキ(性能認定)+ペダル踏み間違い時加速抑制装置(性能認定)
・衝突被害軽減ブレーキ(保安基準)

の2点です。

この性能認定を受けている車の発売は2020年以降に製造された車に限られ、自動ブレーキ装置の後付けは認められません。

しかし、 サポカー限定免許制度には大きな落とし穴があります。

①ドライバーが自己申請する方式
②普通自動車のみが対応しており、高齢ドライバーの多くが乗る軽自動車は対象外

うーん。ここまでくると、本当に意味をなすのかしら?とすら感じてしまいますが、 超高齢社会のなかで、世論を形成する難しさを考えると、まずはこの一歩を踏み出せたのは大きな一歩であり、今後さらに改善されてくるのではないかと期待しています。








情報提供募集!

富山の高齢者・家族・介護者に役立つ情報ポータルサイト『とやまるっと』では、
皆様からの情報提供お待ちしています。

詳しくは、情報提供ページ をご覧ください。

情報お待ちしております!!!

みなさまからの情報で、『とやまるっと』は、育っています。



とやまるっとでは「LINE@」で最新のお役立ち情報をお届けしています。
ぜひ「友だち追加」をしてください!

LINE@ 友だち追加

関連記事

  1. シニア世代のインターネット普及率についての雑感

  2. 【感染拡大】保健所の業務も切迫!!濃厚接触者連絡に2日かかることも!?

  3. 介護事業所「コスモスの里」をご紹介!

  4. medication

    近くの訪問薬局を探そう!

  5. 【新型コロナワクチン】余ったワクチンの活用法は?河野大臣会心の一撃でマスコミ涙目

  6. 【期待の新型コロナワクチン④】ワクチンのQ and Aはコレ一択!!コロワくんサポーターズが秀逸すぎる!!

最近の特集

スポンサーリンク