【影響ある?】物流の2024年問題

『とやまるっと』編集室です。

2024年4月から、日本の物流業界に大きな変革が訪れます。

トラックドライバーの労働時間規制が改正され、 時間外労働の上限が年間960時間に制限されることを意味しています。

同時に、改正改善基準告示の適用も開始され、労働時間の短縮と労働環境の改善が目指されます。

この問題がなぜ、ニュースなどで取り上げられるような問題とされているのか?と介護業界への影響について記事にしました!

ぜひ参考にしてください!



----------------------------------------------------------------------------
  1. なぜ重要な問題とされているのか?
  2. 介護業界への影響は?


1. なぜ重要な問題とされているのか?


輸送需要の増加と供給不足:
トラックドライバーの労働時間の制限にもかかわらず、輸送需要は増加し続けています。
食品や生活必需品の輸送、オンラインショッピングの普及などにより、物流の重要性が高まっています。
労働時間の短縮により、トラックドライバーの供給が不足し、輸送ニーズを満たすことが困難になる可能性があります。

物流コストの上昇:
トラックドライバーの不足により、輸送コストが上昇する可能性があります。
企業は輸送効率を維持するために、代替手段を探すか、労働時間の制限による追加負担を受け入れる必要があります。
いずれの場合も、物流コストの増加が生じ、企業や消費者に影響を与える可能性があります。

労働環境とドライバーの健康への影響:
労働時間の制限が強化されることで、トラックドライバーの労働環境が改善される一方で、輸送ニーズを満たすために余分な労働負担がかかる可能性があります。
これにより、ドライバーの健康や安全が損なわれるリスクがあります。



2. 介護業界への影響は?


1. 介護施設への物資供給の遅延
介護施設では、日々の生活に必要な医薬品、食料品、清掃用品などの物資が不可欠です。
しかし、2024年問題によってトラックドライバーの労働時間が制限されると、物流業界全体で物資の供給に遅延が生じる可能性があります。
介護施設は適切な物資の供給が滞ることで、サービス提供に支障を来たす恐れがあります。

2. 介護業界の労働力不足の悪化
介護業界はすでに労働力不足に悩んでおり、2024年問題が労働時間規制をさらに強化すると、他職種への労働力の流出により介護労働者の数がさらに不足する恐れがあります。



情報提供募集!

富山の高齢者・家族・介護者に役立つ情報ポータルサイト『とやまるっと』では、
皆様からの情報提供お待ちしています。

詳しくは、情報提供ページ をご覧ください。

情報お待ちしております!!!

みなさまからの情報で、『とやまるっと』は、育っています。



関連記事

  1. 【どう考える?】マイナンバーカード導入に伴う健康保険証の廃止?

  2. 【戸惑い】田舎と都会の新型コロナ感染症への意識の違い

  3. 補助栄養・濃厚流動食・栄養強化食を『忖度』なしで、ぶったぎりレポ!(記事内容は適宜更新)

  4. 「介護ハラスメント」って知ってますか?

  5. 【とってますか?】有給休暇

  6. 【前澤さん】KURASERUが資金調達!医療介護サービスへの革新的サービス構築となるか?