【悲報】2020年4月から介護保険料値上げニュースへの働き手世代の反応

『とやまるっと』編集室ツミキです。

2020年4月から、介護保険料が値上げされます。

日経新聞の記事を引用して、ツイッター上では働き手世代の悲痛な叫びとともに、ご高齢者への辛辣な意見も見られるようになっています。

https://twitter.com/saba430/status/1229743378566275072


https://twitter.com/eden_0202/status/1230245942458118145

  1. 社会保障から見た世代間の差
  2. 働き手世代の介護保険料の推移は?
  3. まとめ


1.社会保障から見た世代間の差


社会保障を通じた世代別の受益と負担」という論文によりますと、1955年以降に生まれて人は、全員が生涯受取額がマイナスに転じています。 。


2010年生まれで、-3900万円なんて、驚愕の数字ですよね。



2.働き手世代の介護保険料の推移は?


40歳のサラリーマンが協会健保に加入しているという、一般的な例で考えてみます。

細かい計算は、ここでは控えますが、 月額報酬と標準賞与額を合わせたものに、介護保険料率というものをかけるという計算方法なのですが、この、 介護保険料率が厄介者です。

年々上昇してきており、このたび、2020年4月からは1.79%に引き上げられます。

協会健保の場合は、職場と保険料を折半することにはなりますが、天引きであり、可処分所得・家計に直撃することは間違いありません。

家庭によっては1万円近い負担増とも言われています。



3.まとめ


社会保障は、必要な方を社会全体で支える仕組みです。

一方で、支える側の負担が増加し支える側と支えられる側の間に、対立構図が見えてくる場面も散見されるようになってきており、非常に由々しき事態です。

本当に必要な人に必要なサービスが行き届くように、また社会保障が持続可能なものであるようにするためには、支えられる側も可能な限り「予防しうる要介護状態」を増やさないような、行動変容が必要な場面も出てくるのかもしれません。







情報提供募集!

富山の高齢者・家族・介護者に役立つ情報ポータルサイト『とやまるっと』では、
皆様からの情報提供お待ちしています。

詳しくは、情報提供ページ をご覧ください。

情報お待ちしております!!!

みなさまからの情報で、『とやまるっと』は、育っています。



とやまるっとでは「LINE@」で最新のお役立ち情報をお届けしています。
ぜひ「友だち追加」をしてください!

LINE@ 友だち追加

関連記事

  1. 知っておきたい!葬儀の変化〜家族葬・小規模葬〜

  2. ケアマネ記事

    おねがいです!だれか、複雑すぎる介護サービスをなるべく簡単に教えてください!

  3. 1 eye

    切っても切り離せない?介護と腰痛

  4. 【新型コロナウイルス】PCR検査で「陰性証明」は安心にならない理由

  5. 【全国民必見】うさぎに集まれ!マイナンバーポイント事業申込み方法を解説!

  6. scope1

    ざっくりと、老後にかかる『医療費』のまとめ

最近の特集

とやまるっとでは「LINE@」で最新のお役立ち情報をお届けしています。
ぜひ「友だち追加」をしてください!

LINE@ 友だち追加