【注意】メール、SNSによる被害が拡大中!なりすまし詐欺とは??

『とやまるっと』編集室です。

そろそろ、介護施設にも3回目新型コロナワクチン接種の予定が組まれ始めそうですね。

今回は、ワクチンの種類をファイザー社製、モデルナ製の選択はできないようですが、どちらでもそれほど遜色ないというのが現状の様です。

でも、今回のお話は、ワクチン関連からは少し離れて高齢者に広がるなりすまし詐欺についてのお話です。

「なりすまし詐欺」は、もともと『フィッシング詐欺』と言われている手口のものです。

フィッシング詐欺とは、ネットバンキングやクレジットカード会社、有名企業になりすまして個人情報をだましとる詐欺の手口です。
参考: https://www.dekyo.or.jp/soudan/contents/taisaku/1-1-3.html



  1. フィッシング詐欺の被害件数
  2. 巧妙化する手口
  3. 相談窓口


1. 詐欺の被害件数


2021年10月のフィッシング詐欺対策協議会の報告によりますと、被害件数は月に約4万9千件と非常に高い水準です。
参考URL:https://www.is702.jp/news/3915/

こちらは、報告件数をベースとしているため潜在的にはもっと多くの件数が予想されます。

以前までですと、しらないアダルトサイトから突然架空請求メールが届くといった手法が多かったようですが、近年はその手口も巧妙化しています。



2. 巧妙化する手口


巧妙化の手口としては、『知っている有名企業からのメールになりすましている』という方法です。

以前までですと、『知らないサイト』からのものでしたが、近年は誰もが聞いたことがある様な『Amazon』や『メルカリ』などがあたかも公式でメールを送ってきている様に装っているものが多いようです。

内容としては、

・アカウントが凍結されました
・アカウントが危険に晒されており、再度パスワード設定をお願いします。

など、パスワードなどの個人情報を設定させるページに移管させる方法です。

メールの送信先には、名前として『Amazon』や『メルカリ』をもちいて、そのアドレスをチェックしても、あたかも本物であるかの様なアドレスを使用しています。

この手口は、SMS(ショートメッセージサービス)にも広がっており、メールをほとんどしない高齢者にも同様のメールが届き被害が出ているということです。(高齢者はクレカや銀行を装ったものものに騙される可能性があります。)



3. 相談窓口


基本的には警察になるようです。

各都道府県に相談窓口が設置されています。

富山県はこちらです。

まずは、メールを見てもすぐに自己判断で個人情報を打ち込まないことが大事かと思います。

今後、高齢者を狙ったこの手の詐欺もさらに増えると予想されますので、注意しましょう!!






新型コロナウイルスワクチンに関する関連記事です











情報提供募集!

富山の高齢者・家族・介護者に役立つ情報ポータルサイト『とやまるっと』では、
皆様からの情報提供お待ちしています。

詳しくは、情報提供ページ をご覧ください。

情報お待ちしております!!!

みなさまからの情報で、『とやまるっと』は、育っています。



とやまるっとでは「LINE@」で最新のお役立ち情報をお届けしています。
ぜひ「友だち追加」をしてください!

LINE@ 友だち追加

関連記事

  1. 【いいね!の輪】NPO法人「ふらっと」

  2. 【悲報】高齢者の情報収集源は、やっぱりテレビだった。

  3. 【工夫】新しい生活様式は高齢者施設では難しい部分も?

  4. 【感染拡大】保健所の業務も切迫!!濃厚接触者連絡に2日かかることも!?

  5. 【悲報】老人福祉・介護事業所倒産件数が過去最多を更新した件

  6. 【期待の新型コロナワクチン】摂取方法・手袋は必要?揉む?揉まない?アナフィラキシーのリスクは!?富山でも摂取開始!!

最近の特集

スポンサーリンク