【痛手】相次ぐ訪問入浴サービスの廃業

『とやまるっと』編集室です。

富山県内でも、訪問入浴介護事業所の廃業が相次いでいます。

訪問入浴はサービスを利用する方々にとっては、欠かせないものである一方で、その特徴から運営するにあたり採算が取りにくいと言った問題点があります。

参考サイト:https://www.chunichi.co.jp/amp/article/425852

https://www.mhlw.go.jp/content/12300000/000660330.pdf

  1. 訪問入浴サービス事業所が減る理由
  2. 国の現状把握が必須


1. 訪問入浴サービス事業所が減る理由


まず一つに、訪問入浴サービス事業を行う上での人員配置基準の問題があります。

厚生労働省のサイトによりますと、看護師もしくは准看護師1名+介護職員2名以上(介護予防訪問入浴介護の場合には1以上)となっており、訪問介護サービスと比べると、 看護師もしくは准看護師が必須というハードルがあります。



慢性的な人員不足と言われる介護業界、また比較的その仕事内容もハードと言われる訪問入浴ではとくに人員確保が難しいと言われています。

訪問入浴はその仕事内容から、1日に訪問可能なお宅の数にも限りがあるため、「人員確保にお金をかければ、採算が取れない」という問題も抱えています。

現状の介護報酬では運営が成り立たない、むしろ手間や施設費が大きく参入も難しいというのが現状のようです。



2. 国の現状把握が必須


入浴はとりわけ日本人にとっては、生活の中で非常に重要な要素となっています。

軽度の介護状態の方であれば、デイサービスを利用して入浴することも可能ですが、自宅からの外出が難しい方もおられます。

そういった介護の高い人にも入浴を楽しんでもらうためにも、国の現状の把握と公費負担を増やすなどの対策が急務となっています。

余談ですが、個人的に厚生労働省からの資料ってもうちょっとわかりやすくなりませんかね?っていつも思っています・・・。






新型コロナウイルスワクチンに関する関連記事です











情報提供募集!

富山の高齢者・家族・介護者に役立つ情報ポータルサイト『とやまるっと』では、
皆様からの情報提供お待ちしています。

詳しくは、情報提供ページ をご覧ください。

情報お待ちしております!!!

みなさまからの情報で、『とやまるっと』は、育っています。



とやまるっとでは「LINE@」で最新のお役立ち情報をお届けしています。
ぜひ「友だち追加」をしてください!

LINE@ 友だち追加

関連記事

  1. 【期待の新型コロナワクチン②】摂取1回目に腫れたら、つぎはどうすればいいの?!富山でもワクチン摂取開始!!

  2. 介護現場の働き手不足について

  3. 知っておきたい!葬儀の変化〜家族葬・小規模葬〜

  4. 【全国民必見】うさぎに集まれ!マイナンバーポイント事業申込み方法を解説!

  5. 1 eye

    切っても切り離せない?介護と腰痛

  6. 【新型コロナワクチン】一度感染した経験のあるひとも、ワクチンを接種するべき?

最近の特集

スポンサーリンク